■ 保育理念・方針


● せんだん苑こども園の教育及び保育の理念

 

 社会福祉法人せんだん苑こども園が運営する幼保連携型認定せんだん苑南こども園は、「幼保連携型認定こども園の学級編成、職員、設備及び運営に関する基準」に基づき就学前の子どもの教育及び保育を行う。

 

教育・保育にあたっては児童の人権や主体性を尊重し、児童の幸福のために、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、併せて地域社会における家庭支援を行う。

 

また、職員は児童に対して、豊かな愛情を持って接し、児童の処遇の向上のための知識の習得と技術の向上に努める。さらに社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。


● 保育の基本方針

せんだん苑南こども園の保育の基本方針は、幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づき、教育・保育を保護者の協力のもとに行う。

 

また、常にこどもの最善の利益を願うために保護者からの意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明な点があれば平易に説明し、より良い教育・保育のために努力研鑽することを基本とする。

 

  1. こどもが安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、こども自らが主体的に生き、多様な関係性の中で自己を表現できること。
  2. 遊びを通しての指導を中心としてねらいが総合的に達成させるようにする。
  3. 豊かな人間性を持ち、優しさと他者に対する寛容さを持ったこどもを育成する。